プラネタリウム

本日の残席情報

※最新情報はブラウザの更新ボタンを押してご確認ください。


・プラネタリウムの座席数は82席です。
・残席が10席以上で「〇」、10席未満で「△」、満席で「×」が表示されます。
・投映開始時間が経過した番組は、表示されません。
・館内の状況により、チケットが急に売り切れることがあります。ご了承ください。
・館内の状況については科学館へお問い合わせください。

番組内容

「星空解説」+「高知みらい科学館オリジナル番組」
投映時間:約45分間
※専任の解説員による生解説でご案内します。

星空解説
 今夜の星空を眺めながら、星座の見つけ方や星座にまつわる神話の世界、そして話題の天文ニュースなどをご紹介します。

  • 投映中の番組

    ワンダフル・プラネット~火星~

    投映期間/11月1日(火曜日)~12月11日(日)、12月27日(火曜日)~3月12日(日曜日)


    約2年ぶりに地球との距離が近くなっている火星が、今年の冬、見ごろです。
    地球に似ている?似ていない?探査機がとらえた火星の姿とともに、その不思議で驚きの世界にせまります。



    ※状況により座席数を制限する場合があります。

  • 番組内容


学校団体向け投映

一般の方はご利用頂けません。
学校・園の利用についてはこちらから

ページのトップへ

プラネタリウム観覧料

科学館受付にて当日分のチケットを販売しております。

  料金
大人 500円
高校生 300円
小・中学生 100円
未就学児 無料

チケット販売時間、プラネタリウム年間パスポート、減免について

利用案内はこちらから

ページのトップへ

プラネタリウムについて

●ドーム直径 12m

●座席数 82席

●プラネタリウム機器(株式会社五藤光学研究所)
光学式投映機 「オルフェウス」
 〇主な恒星を約9,500個、天の川恒星を約800万個の星で再現。
 〇3.5等星までの色を再現。
デジタル映像システム 「バーチャリウムX」
 〇2台のプロジェクタで全天周映像を投映。
 〇3次元の星空を再現し、自由に宇宙空間を移動可能。

ページのトップへ

プラネタリウムのご利用について

●車いすのままでも観覧できます。
※ご希望の方は係員にご相談ください。

●床面にはヒアリングループ補聴システムを設置しております。補聴器・人工内耳のスイッチをTモード(Tコイル)に切り替えてご利用ください。

ページのトップへ