お問い合わせ

Q.共通利用カードを作るときには何か必要ですか?

A.共通利用カードを作りたい方は、住所・名前・生年月日が確認できる、下記の書類が必要です。
ただし、中学生以下の方は不要です。(代わりに、申込書に保護者の方の名前をご記入ください。)
●以下の書類で名前・生年月日・住所が記入されており、有効のもの
  1 運転免許証
  2 運転経歴証明書(平成24年4月1日以降交付のもの)
  3 旅券(パスポート)・乗員手帳
  4 住民基本台帳カード
  5 各種年金手帳
  6 各種福祉手帳
  7 各種健康保険証
  8 後期高齢者医療被保険者証
  9 母子健康手帳
 10 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳
 11 在留カード・特別永住者証明書
 12 学生証
 13 官公庁から発行・発給された書類(顔写真が貼付されたもの)

●以下の書類で名前・生年月日・住所が記入されており、発行後3か月以内のもの
 1 住民票の写し
 2 住民票の記載事項証明書
 3 戸籍謄本・抄本(戸籍の附票の写しが添付されているもの)
 4 届出避難場所証明書
 5 印鑑登録証明書
 6 官公庁から発行・発給された書類(顔写真が貼付されていないもの)

ページのトップへ

Q.共通利用カードを作るのに在勤・在住要件はありますか?

A. 共通利用カードの発行にあたっては、在勤・在住要件はありません。
 住所と名前が確認できるもの(運転免許証・健康保険証など)をお持ちのうえ、カウンターにて手続きいただければ、どなたにでも発行いたします。

ページのトップへ

Q.共通利用カードの有効期限はありますか?

A. 共通利用カードは登録・更新時から3年ごとに更新手続きが必要です。住所等に変更があれば、確認できる書類をお持ちのうえ、図書館にお申し出ください。

ページのトップへ

Q.共通利用カードを紛失したときはどうすればよいですか?

A. 図書館にお申し出ください。引き続き図書館をご利用いただけるようカードを再発行します。

ページのトップへ

Q.借りた本の貸出期間の延長はできますか?

A. 1回(申し出た日から2週間)できます。
オーテピア高知図書館・高知市民図書館分館・分室の窓口に開館時間中に来館あるいはお電話していただくか、Web(インターネット)OPACにてMyライブラリにログインしていただくことで、貸出期限の延長手続きを行うことができます。
ただし、「その本が貸出期限内である」、「その本に予約者がいない」場合に限ります。

ページのトップへ

Q.借りていた本を紛失/汚してしまいました…

A. 本を紛失したり、汚してしまったりした場合は必ず図書館までお申し出ください。原則、同じ本の購入をお願いしています。
申し出後は職員の指示に従ってください。
※盗難・火災・各種天災等の場合は、関係機関の証明(届出受理番号・罹災証明書等)の提示により免除される場合があります。

ページのトップへ

Q.インターネットサービス(Myライブラリ)のパスワードを忘れてしまったときはどうすればよいですか?

A.共通利用カードをお持ちのうえ、当館または高知市民図書館分館・分室カウンターまでお越しください。カウンターにて初期パスワードを再発行いたします。

ページのトップへ

Q.図書館からのメールが届かないのですが…

A. メールアドレスの登録をしているのに、お知らせメールが届かない…。
そのような場合は、次の点をご確認ください。

■ケース① 「一度もメールが届かない」

メールアドレスの登録・変更時に「Myライブラリ」から、申請確認メールを送信することができます。
申請確認メールが届かない場合は、以下の原因が考えられます。

1:メールアドレスに入力ミスがある、または、今は使っていないメールアドレスを入力している。
まずは、ご登録のメールアドレスのご確認をお願いします。
●確認方法

ご自宅のパソコン(WebOPAC)の場合

a https://opac.library.kochi.jp/winj/opac/login.do?dispatch=/opac/mylibrary.doにアクセスし、「認証」画面に入ります。
b 利用券(共通利用カード)の番号とパスワードを入力し、ログインボタンをクリックします。
c 「Myライブラリ」画面右側の利用者情報欄に、設定されているメールアドレスが表示されます。

携帯電話の場合

a https://opac.library.kochi.jp/winj/opac/login.do?dispatch=/opac/mylibrary.dohttp://opac.library.kochi.jp/winj/mobileopac/login.do?dispatch=/mobileopac/user-update.doにアクセスし、「利用者情報変更」画面から「認証」画面に入ります。
b 「認証」画面で、利用券(共通利用カード)の番号とパスワードを入力し、ログインボタンを押します。
c 設定されているメールアドレスが表示されます。

図書館に設置してある図書検索機(OPAC)の場合

a 「Myライブラリ・設定変更」メニューボタンを押します。
b 「認証」画面に入ります。利用券(共通利用カード)の番号とパスワードを入力し、ログインボタンをクリックします。
c 「Myライブラリ」画面右側の「設定変更」ボタンをクリックします。
d 設定されているメールアドレスが表示されます(確認後は、最後に必ずログアウトをしてください)。

●よくある入力ミス
a アルファベットの大文字と小文字の入力を間違っている。
b “-”(ハイフン)と“_”(アンダーバー)、また“.”(ドット)と“,”(カンマ)の入力などを間違っている。
c 「docomo」を誤って,「dokomo」や「docmo」と入力してしまった。
 “.”(ドット)を連続して使用したり、“@”(アットマーク)の直前に使用しているメールアドレスには、メールを送信できないことがありますのでご注意ください。

2:携帯電話のメールアドレスを登録しているが、パソコンからの受信を拒否する設定となっている。
図書館からのメールは、パソコンから送信されます。このため、携帯電話側でパソコンからのメールを受信拒否する設定になっている場合、メールは届きません。設定を変更していただく必要があります。また、ご自身で設定を変えていなくても、携帯電話の契約時に、すでにそのような設定がなされている可能性もあります。
詳しい設定変更の方法は、通信会社もしくは販売店にお問い合わせください。

3:迷惑メール対策などで、図書館からのメールが受信拒否されている、また、メールの指定受信設定をおこなっていて、図書館からのメールは受信されないようになっている。
ドメイン受信の場合 @library.kochi.jp
アドレス指定受信の場合 renraku@library.kochi.jp
を、それぞれ受信できるよう設定してください。
なお、renraku@library.kochi.jpは図書館からの送信専用メールアドレスとなっています。
このアドレスにはメールの送信や返信を行わないでください。
詳しい設定変更の方法は、通信会社もしくは販売店にお問い合わせください。

4:フリーメールを利用している
“hotmail”などのフリー(無料)メールを使用していると、迷惑メールの設定によっては、メールが届かない可能性があります。フリーメールご利用の方は設定を確認してください。
もし設定に問題がなく、なおかつ図書館のメールが届かない場合は、他のメールアドレスにご変更いただくか、適宜当館のホームページにアクセスし予約状況の確認を行ってくださいますようお願いいたします。

■ケース② メールアドレスの申請確認メールは届いたのに、その後、予約資料の到着通知が届かない。

メールアドレスの登録・変更時には図書館からメールが届いたが、予約資料到着通知の場合には届かないことがあります。この場合は以下の点についてご確認ください。

1:メールボックスの容量がいっぱいになっている
メールサーバ内のメールボックスに保存されている電子メールのデータ量が増え過ぎて容量をオーバーすると、図書館から送信した予約資料到着通知メールがエラーとなって返ってくる可能性があります。ご確認をお願いします。

2:予約の通知方法が「メール」になっていない
図書館・図書室に設置してある図書検索機(OPAC)で予約した際に、連絡方法の選択設定が「メール」となっていない可能性があります。ご確認をお願いします。

3:予約資料到着通知メールの到着前に予約資料を借りてしまった
予約資料の貸出準備ができたことをお知らせするメールは、開館日の午前10時に一斉送信されます。
したがって、その日の午前10時以降に貸出準備ができた場合、以下のようなことも起こりえます。あらかじめご了承ください。

・午前10時以降に来館して貸出しを受けた→お知らせメールが到着していないのに本を借りることができた。

・午前10時以降パソコンや携帯電話で予約状況を確認したところ貸出準備ができている→貸出準備ができている状況なのにメールが届いていない

ページのトップへ

Q.図書館の本のコピーはできますか?

A. オーテピア高知図書館と高知市民図書館分館(旭・潮江・長浜・江ノ口・下知・春野)では、所蔵資料の複写サービスを行っています。料金は、白黒コピーは一枚10円、カラーコピー一枚30円です。(カラーコピーはオーテピア高知図書館と春野分館のみ対応しています。)
ただし、著作権法第31条の定める要件を満たすことが必要などの制限があります。

著作権法
(図書館等における複製)
第三十一条  図書、記録その他の資料を公衆の利用に供することを目的とする図書館その他の施設で政令で定めるもの(以下この条において「図書館等」という。)においては、次に掲げる場合には、その営利を目的としない事業として、図書館等の図書、記録その他の資料(以下この条において「図書館資料」という。)を用いて著作物を複製することができる。
一  図書館等の利用者の求めに応じ、その調査研究の用に供するために、公表された著作物の一部分(発行後相当期間を経過した定期刊行物に掲載された個個の著作物にあつては、その全部)の複製物を一人につき一部提供する場合
二  図書館資料の保存のため必要がある場合
三  他の図書館等の求めに応じ、絶版その他これに準ずる理由により一般に入手することが困難な図書館資料の複製物を提供する場合

ページのトップへ

Q.図書館で飲食はできますか?

A. 飲食は1階・4階の休憩コーナー、2階共同楽習スペースで可能です。
ただし、共同楽習スペースは、図書館の本なども活用して自由な学習や議論のできる交流の場ですので、飲食や個人自習だけを目的とする利用はご遠慮ください。
また、ゴミはお持ち帰りください。

ページのトップへ